DEATH CAB FOR CUTIE

98年、アルバム「サムシング・アバウト・エアプレインズ」でデビューしたシアトル出身のギターポップバンド。ヴォーカルのベン・ギバードの赤裸々な経験をもとにした歌詞に甘くキャッチーな歌メロ、泣きメロが溶け込む。ブレることのない音楽スタイルと楽曲でファンの心を掴み続ける。良質なアルバムが多い彼らだが、03年リリースの「トランスアトランティズム」で更なる成功を掴む。このアルバムの成功でメジャーレコード会社ATLANTICと契約。05年にメジャー作品第一弾「プランズ」をリリースする。

このマークの付いている商品は宅急便送料が無料です。同梱OK!

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3